女性と花

嬢の呼び方で悩まなくてもOK

目隠しされた女性

店で嬢と対面した後、相手の事を何と呼ぶか悩んでしまう。仮にAという嬢がいたとすると、AさんとAちゃんのどちらにすれば良いか判断が難しいのだ。


さん付けは距離を感じるし、かと言ってちゃん付けは馴れ馴れしい感じがしてしまう。おそらく多くの男性客は「ちゃん」派ではないかと思われるが、この言い方が似合う男性とそうでない男性がいるのも事実だ。


アメリカ人ならこんな時に悩まなくて済む。英語では名前だけで呼ぶ方が殆どだからだ。日本人も外国の良い所はどんどん取り入れた方が良いだろう。そんな訳で、嬢を名前だけで呼ぶのも良いのではと最近思い始めている。


フィギュアスケートの浅田真央さんは自分の事を「真央」と言っている。ちなみにお姉さんの舞さんも同様である。それに対して違和感は感じなかった。これを見て私は、どんな呼び方をするのかでなく、その言い方の方が重要である事に気がついた。


どんな言葉であれ、言い慣れていれば変ではないのである。対面後に相手に何かを語りかける時、恥ずかしがらずに思い切って好きな呼び方をすれば問題ない。ずっと前から当たり前の様に使っている言葉ですよという雰囲気を醸し出せば風俗嬢も変だとは感じないのだ。

CHOICES

  • 裸の女性

    風俗の割引チケット

    数ヶ月前のことですが私が仕事帰りに電車に乗っていると、スマホにメールが着信しました。友人からで…

  • ヒップ

    若人よ、風俗は怖いものではありません

    昔は男性の喫煙率の高さと同じくらい風俗の利用率が高かったようですが、現在ではタバコは言うまでも…

  • 笑顔の女性

    風俗嬢の楽しみ方を変えていくこと

    私の知り合いに京都の風俗のお店を何度も通っているエキスパートと言える人がいるのです。その人が言…

  • 目隠しされた女性

    嬢の呼び方で悩まなくてもOK

    店で嬢と対面した後、相手の事を何と呼ぶか悩んでしまう。仮にAという嬢がいたとすると、AさんとA…